生茶ゼリイ

お茶は「飲むもの」。この最も当たり前の常識に挑み、
ひたむきにお茶と向き合って生まれた「生茶ゼリイ」。

商品一覧はこちら

「生茶」と名付けたのは、
お茶の繊細さを知っているからこそ。

冷蔵での保管が必須でかつ消費期限がとても短い。
しかも自社で手間をかけた方法でしか作れない生茶ゼリイ。それには理由があります。

お茶は乾物のようなイメージがありますが、実は非常に繊細で取扱いが難しいもの。そのデリケートな味や香りは酸素・気温・光・湿度などにさらされると、あっという間に失われます。
薄茶や急須で出したお茶の魅力を一つも欠けることなくゼリイに閉じ込めるには、日持ちさせることや常温保管を諦め、自社で挽きたての抹茶をすぐに使うしか方法がありませんでした。

私たちがお茶屋でなければ、もっと安易な道はあります。しかしお茶の繊細さ、鋭敏さを知っているお茶屋だからこそ、敢えてこのような困難な方法を選び、「生茶」と呼ぶにふさわしいゼリイを作ることができたのです。

質の高い抹茶は苦味が少なく、甘味と旨味にあふれる。
ほうじ茶の香りはとても淡いもの。
だから甘さは必要最小限。
強い甘味でお茶の品質を誤魔化す必要がありません。

生茶ゼリイ【抹茶】

抹茶の味は「苦い、渋い」だけではありません。
碾茶(石臼で挽くと抹茶になる原材料)や玉露を育てる際に覆いで遮光するのは、苦味・渋味を抑えて甘味と旨味を引き出すため。

もちろん爽やかな苦味・渋味は抹茶の魅力の一つですが、それ以上に大切にしているのが甘味や旨味、色調や香り。つちかい育んできた技術と、ひたむきなお茶への想いが、これら抹茶の持つエッセンスを引き出し、ゼリイへと活かされています。

生茶ゼリイ【ほうじ茶】

一見、抹茶や煎茶よりも取り扱いがしやすそうなほうじ茶ですが、実はとても繊細。
その風味はあっという間に消えやすく、他の原料の味わいに隠れてしまいます。

だから、強い甘味をつけてしまうなどもってのほか。優しく見守りながら、じっくりと香ばしさと柔らかな味わいをゼリイに移していくことがなによりも大切。ほうじ茶ブームの前から作り続けてきた「当店でしか味わえない」確かな美味しさです。

専用の箱に入れて
お届けしています。

ゼリイは独特の柔らかさに作りこんでいるため、ゼリイを固定する専用の箱でお届けしています。基本は左の写真のような6個セットタイプ。異なるゼリイ同志や、他のスイーツ、おすすめのお茶缶などと組み合わせたセットもご用意しています。

25件 ( 1-20件表示 )
25件 ( 1-20件表示 )